大峰庵の日々

時々の思いをつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花韮

花韮

花韮(はなにら)と読みます。
散歩する途中の家の庭に、この時期20センチくらいの可愛い花を良く見かけます。
最初は何の花かわかりませんでしたが庭の持ち主に聞いて花韮と分りました。

昨年の秋、持ち主が花韮を掘り返したあと、一段下がった通り道に4個ばかり球根が落ちていました。
持ち帰って、植木鉢に植えていたのが写真のものです。
咲き始めですから花数は少ないですが今現在花の付け根から枝分かれして束のように咲いています。
私の庭には上記のように、お金を出して買ったものは少ないのです。
枝を挿し木したものや頂き物がなんだかんだと200種以上あるでしょう。
そのうちの一部とりあえずはプランターに少しずつ寄せて植えて移転に備えています。
これから梅雨時ですから早くプランターに移したものはすでに生き生きと根付いたようです。
この春、故郷の山からこいで来たアザミも下葉は枯れましたがもうすぐ蕾をつけそうです。
赤・白・ピンクのイカリソウはすっかり大き目の鉢に定着したようです。ショウジョウバカマも・・・・。

移転先の狙いは熱海か伊東、その界隈の東伊豆ですが、せっかく増えた水芭蕉、すずらんが温暖な地域に適合するとは思えませんから、睡蓮の鉢に植えて冷房の効くところにおかなくてはならないでしょう。
それやこれやで、敷地は200坪近くは欲しいところです。
前に書いたように温泉は着いていてもいなくても、部屋数だけは6室以上は欲しいところ出、中古の民宿、ペンションを営業していた物件、4件か5件、候補を選びました。

山の中に育ったものですから1日中海の見えるところ、これは必須条件です。
免許証は持っていますが、長い間のペーパードライバーですから、先々乗るとしても、駅から近いところであることは言うまでもありません。
スポンサーサイト

数珠 移転 様々

3年前、お友達からめずらしい高麗数珠を頂いて、2回植えて、コーヒーの空き瓶2つくらいに増やしました。
もっとあったのですが、別のお友達に分けたのでこの程度です。
今年、又蒔くべき季節になったのですが、移転の計画があるので見合わせています。

1年、見合わせても、千年蓮さえあるのですから芽が出るであろうと高をくくっています。
この界隈の山野草、自分の家の花や植木あわせて100鉢あまり、ろくなのはありませんが持ってゆくつもりです。
運送費がかかりそうですね。

今日、何気なく庭を見ていたら、昨年の秋に近所から頂いた菊芋が芽を出していました。
あまり大きくならないうちにプランターに移さなくてはなりませんね。

伊豆半島のあたり、画家が3人もいるので部屋数の多いところを探しています。
相模湾を一望できて駅に近いところで6部屋以上となると、民宿かペンションをしていた物件、いくつかめぼしをつけました。
トイレが5つか6つもあったり、お風呂が2つ以上あったりしますが、その辺は改造すればよいでしょう。
温泉つきというのがいくつもありますが、権利金の関係も有るので、これはあっても無くても良いと思っています。

地震の心配は、日本中、どこに行っても覚悟はしていなければなりません。
この前、中越地震の震源地を体験していますから、補強は十分しておくつもりです。

人生二度も三度も移転ばかりできませんから、よく研究してかかりましょう。
それにしても、私の代で2度も墓地を移転する羽目にもなりそうです。
ご先祖様すみません。

なんと、勝手に

私が昨年の12月に導入したPCの事です.
セキュリテーがきつすぎて、立ち上げるたびにセキュリテーを解除しなくては3分に1度くらいの割に巡回機能が働いて仕事をしにくくてどうし様もありません.
私は、いつも、次に立ち上げるまで解除という設定にして作業していましたが、半月ほど前に「スパイウイルス」なる物が進入しました。

PCを立ち上げると、デスクトップ上の画面に米搗き虫のようなものが無数に現れ、デスクトップの画面を食い荒らします.
とても気持ち悪いし、第一不愉快でなりません.
前のPCなら、すぐに初期化するのでしたが、このエプソンがユーザーの好みに合わせて設計したPCには、マニアル本が無いので方法がわかりません.
折悪しく、購入した店はゴールデンウィークに突入して長期休暇でした.

前に長く使っていたソニーのバイオ、これは98型ですが、1度も故障した事が無く、容量が少なくなった上に、CD保存ができない欠点があったので代えただけです.
もったいないので保存しておいたのですが、再登場させて作業をしていました.

さて、スパイウィアーに進入された新PC、撮りためた写真が溜まりましたので、CDに保存しようと思い、午前3時頃作業していたとき、突然ウイーーンと別作業をはじめて、何やら演算みたいな事をしていましたが、勝手に再起動体制になって新しく立ちあがりました.

新しいデスクトップの画面には、例の不愉快な虫は現れません.
その代わりに文字が出て、こう書いてありました.
「進入禁止のウィルスを2個発見し、これを削除したので、再起動しました」

なんと、新PCが勝手にウイルスを撃退、削除してくれたのです.

考えてみたら、私がこのPCを使い始めたばかりのときに、「毎日午前3時にセキュリテー機能を働かせる、という項目にチェックを入れていたのでした.
今までどうして作動してくれなかったかというと、電源を切っていたので、作動しようが無かったのでした.

高かったPC、高いお金を出しただけの事はあったようです.
で、気持ち良く今、この文を打ちこんでいます.

捜索願

家内の母親は私の家から2軒隣に30年ほど前に一家で越して来ました。
昨年から急速にボケ症状が始まり、時々居なくなって他人を騒がせます.
家内が家に居るときは何かにつけて家内が目配りしていましたから大事に至らないうちに発見されました。

家内の母を除いて父と弟、弟の嫁と、中学校から小学校の子供が3人も居る家ですから、本来なら見張りの目に事欠かないはずです.
家族がばらばらの、誰一人として一家に責任を持たない家庭は何人居ても結局は一人として家内の母の言動を見ているものがありませんから1ヶ月に2度も3度も居なくなってびっくりさせます.

今回は昨日の夕方に居なくなったのを、夜中まで気がつかなかったというのですから、なにおかいわんやと言う所です.その時に警察に捜索願を出しましたが、真夜中の2時3時ではどうし様もありません.
朝になって警察消防団100人近くの体勢で捜索を開始しました.
こちらは、昨晩から雨が降って、今日はとても寒い日です.

私はこの3日ばかり、吐き気と下痢の繰り返しで体調が最低ですから、長男と次男が捜査に加わりました.
結局、家から3キロばかり山に入った川沿えで午後の12時半ころに無事に発見されました。
念のために病院に救急車で行きましたがたいしたことはなさそうです.

しかし、家内の実家の連中、これに懲りれば良いのですが、すぐにのどもと過ぎればとなりそうな、実に困った連中です.

農家の忙しい時期、地元の消防団の方々、農家でなくても、日曜には休みたかった方々、ご苦労様でした.そして、ありがとうございました.

押し迫ってきたような

6日ばかり、3男の大学の連休に合わせて、末期ガンの兄が一応安定を保っているうちにという事で、家内も帰ってきましたが、昨日、3男と一緒に上京しました.
久しぶりに手料理を食べて私もほっとしたとしたところです.
少しばかり家内のありがたさがわかりました.

兄は、退院したときよりも、白血球が3分の1に減ったとか、そのために次には抗がん剤を打つ前に3日ほど入院して、朝晩に点滴をしなくては次の抗がん剤治療ができないとお医者さんに言われたとか.手術直後、余命3ヶ月といわれたのが、すでに1ヶ月半過ぎたのですから、やんぬるかなと言う所です.
しかし、本人としては、手術前にお医者さんに説明された余命1年というのが頭に残っていますから、術後、3ヶ月に余命が縮まった事を知りません.

いまさら、私がお医者さんに告げられた余命3ヶ月とのギャップを説明する必要もありますまいから変なジレンマがあります.

幼馴染

桐
幼馴染というとほほえましい思いでの多いものですが、私は1歳下の初子ちゃんというおませな子の事を思い出します.

1歳下の癖に、女の子は男の子よりもおかしな知識が早いのでしょうか.私を自分の家の風呂場に連れ込んで水も張っていない空のお風呂に入れと強制されたことがありました.

桐の花とかホタルブクロとか、筒状の花を見つけると、私のかわいいおちんちんにかぶせる事ばかり考えていました.
あるときなど、わらしべで中ほどを結ばれた事があります.
さすがに、幼い頃とはいえ、勃起したので、わらしべが締まって痛くなり、すぐに取り去りました.

今の子供と違い、あの頃の田舎では、玩具などありませんから、身近な草花が玩具であり、男女を問わずに体に持っているものを玩具にしたのでしょうか.

おませな初子ちゃんとは、小学校の3年頃から、いつのまにか遊ぶ事は亡くなりましたが、桐の花やホタルブクロの季節になると奇妙に思い出す子です.

どこに嫁に行ったのでしょう.
まさか、50年も経って、私にこんな事を書かれているなどと想像もしていないでしょうね.

故郷の山

私が22歳まで過ごした故郷の山です.
山

正面中心部よりもやや上に(杉林の下のところ)に私の家が他家から借りていた畑がありました.
私の家から5キロはある傾斜のきつい山道です.
もちろん当時は舗装も無く、握りこぶしほどの石がゴロゴロしていました.

小学校の頃、あるいは中学校の頃、私は学校から帰ると、この畑に肥え桶、を背負って通わされました.
また、この山の上、さらに2キロほど奥から、冬の薪にするために40センチくらいに束ねた木の枝を3束、背負い出すことが雪の降るまで続きました.
私は二宮金次郎よろしく、薪や肥え桶を背負いながら本を読んだものです.

それから50年近く、息を切らせて昔の耕地の上に来て見ると、折り重なった葦の刈れた間、春の雑草の間に昔の畑の畝の後が認められます.
その頃の母は7年も前に亡くなり、、昨年、ここに山菜を採りに一緒にきた東京にすむ兄は余命3ヶ月と宣告されてから1ヶ月が過ぎました.

私もまた、今年を最後に引越しをすれば、再びこの地に立つことは無いでしょう.
乾いた葦の刈れたところに腰を下ろし、あれを思いこれをしのべば、うたた感慨尽きることはありません.
----------------------------------------------------------------
新しいPC、スパイウイルスが来て、どのようにしても削除できません.初期化しようにも、エプソンのユーザー仕様の特別仕立てですから、マニアル本が無いので、方法がわかりません.
購入したお店は連休でお休みです.

以前、長く使っていたソニーのバイオ98、新しいモニターにつないでこの文章を書いています.
故障したから代えたので無く、容量が少なく不自由だったので代えただけです.
変えた時点で、以前のデーターは削除しましたので、とりあえずの容量は復活しています.
普通に使う分には一向に差し支えありません.

何でも、家内やパソコンは新しければいいというものでもないようです.
ちなみに、家内は、東京に居る末期ガンの兄の様態が安定している今のうちにと、昨日かえってきました。
9日頃、再度上京するので、今のうちに甘えておくべきでしょうか.

Top

HOME

竹内白雅

Author:竹内白雅

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。