大峰庵の日々

時々の思いをつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと五日です。

18日に黒猫が荷物を取りに来ます。
千葉で受け取り手が必要ですから、次男と、大学を休ませた3男が17日に先行して、受け取り方になります。

私と家内、長男は19日に出発ですが、少なからぬ家財が残ることになりそうです。
ここの家はすぐに壊すのではあり名センから、来年の山菜取りの拠点にしましょう。

千葉で落ち着いたら、東京の空き家になっている家も家財を千葉に移さなくてはなりません。
当分、忙しさが続くことになります。

引っ越すまでに千葉の家のアトリエを改造するように大工さんに依頼しておいたのですが、間に合っているかが少し心配です。
多量の本を新地で早急に片付けなくては、足の踏み場もないことになるでしょうからね。

ところで、PCは、千葉では光通信になります。
設定してもらわなくてはなりません。
今、ギリギリの時まで使っていますが、掲示板に書き込み頂いた返レスに遅れが生じつつあります。
事情が事情ですからどうかお許し願います。
スポンサーサイト

やれやれ

お金を払ったので文字通り千葉の家が我が家と呼べるようになりました。
家内と2泊して、持ち込む荷物の配置やら、大工さんとアトリエの仕切りの打ち合わせをしてきました。
さすがに2泊すると我が家の実感が湧きます。

3年前にリフォームしたまま、事情があって空き家にしていたそうで、トイレやウォッシュレットやカーテン、ブラインド、新品状態だったのは嬉しいことです。
売主さんも気持ちよい方で、ハウスクリーニングから、庭の草取りまで奇麗にしておいてくれました。

テレビも、新聞もなく、布団二組と、茶道具だけは買いましたが、コンビニ弁当だけは飽きが来ますね。
若くもない夫婦には夜の長さは辛いものです。
お酒を飲まない私には持っていった文庫本を読むだけ、家内はクロスワードにはまっていました。

結局、七棹の箪笥のうち、私と家内の和服箪笥、家内の洋服箪笥だけしか運ばないことにしました。
本と、ビデオと仕事机が三つ、大型コピー機、テレビ5台と大小さまざまな皿小鉢、大きな食器棚、冷蔵庫、本箱、等々が、第一弾の引越し荷物で、移転した後、よく考えて第二段階の荷物を考えることにしました。
洗濯機はこの際新規購入です。

しかし、なけなしのお金が湯水のように出てゆきます。
早く仕事をしなければいけませんね。

どうすべえ(2)

5千冊近くある本、千本ほどのビデオテープ、ダンボールに20ばかりつめましたがまだ3分のⅠしか片付きません。
色々のものを積み上げたら家の中がいっぱいになって、動きにくくてたまらないので、寝具と食器、本だけでも第一弾として送った方が良いように思えてきました。
こんな風に雑然とすると、いっぺんに片付ける邪魔になるばかりのようです。

ところで、購入した家には作り付けの立派な仏壇と神棚があります。
私の家の仏壇、祖父が山伏をしていたので大きな神道壇があります。
さんざん迷いましたが、結局は措いてゆくことにしました。

満60歳、還暦は新しく生まれるということで赤いものを身につける慣わしがありますが、私もこの際、今までのものを整理して生まれ変わりたいと思います。
どなたかから、「根性だけは生まれ変わった方が良い」と言う声が上がりそうですが、全くそうです。

簡易郵便局に家の購入代金の残額を支払うために貯金の解約に行ったら、本局まで行かなければお金がないといわれました。
2日前に申し出てくれとのことです。
全く、明日必要なのに困ったことです。

で、今日、市の中心部に行って、郵便局の本局や他の銀行を回る羽目になりました。
何か、郵便局は民営化してから不備なことばかり目に付きます。

Top

HOME

竹内白雅

Author:竹内白雅

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。