大峰庵の日々

時々の思いをつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根付

根付
お友達から高麗数珠で作った根付を頂いたので、私の集めている根付に早速取り付けました。
前からシンプルなストラップがほしいと思っていたので、とても嬉しい贈り物です。

アリガトウ・・・
スポンサーサイト

体調不良で・・・。

10日前後、足の脛の部分と、背中から肩、臍の右側、足の甲に粟粒状の湿疹が出来て痒くてたまりません。
1年に2回ほど、こうした症状がでるのは、糖尿病が良くないときのようです。
今回はこのほかに、足の甲にむくみがありました。

あわせて、肝機能障害のせいか、全身がけだるくてなりません。1日中ベットにひっくり返っています。
思考力0で、1日に朝の1時間くらいの散歩以外は眠くてたまりません。
おそらく、睡眠時間は16時間以上になるでしょう。

ひっくり返って、2000本ほどある、前に撮りためたビデオの洋画を見ていますが、途中で眠ってしまうので、巻き戻し、早送りの頻度が激しくなります。

新潟に居たときのビデオが主ですから、コマーシャルを抜かないで撮ったビデオには新潟の地方コマーシャルが入っていて懐かしくなります。
それも、20何年か前のコマーシャルが郷愁をそそります。
時々、中越地震の最中に録画したのに、震度3・5とか4とかの地震速報が入ったのがあります。
震度、7・5のときはさすがにびっくりしましたが、震度3くらいは日常慣れっこになっていた記憶があります。

それにしても、天井近くまで積み上げた本棚が無数にあり、ビデオテープが山になっていたのですから、よくこそ下敷きにならないで生きていたものです。
普段から、地震に備えて壁に補強金具が取り付けておいたのが効果があったのでしょう。
我が家ではお風呂のタイルがひび割れ、土壁の表面がわずかにはげ、小さな茶箪笥が倒れただけでした。

しかし、久しぶりにpcに向かっていますが、疲れます。
今日はむくみが少なくなり、湿疹のかゆみも薄らぎました。
明日あたりから、ポチポチ仕事をしましょうか。

霊能力封じ??

一昨日、すぐ近所の総菜屋さんに小火がありました。
お昼頃、厨房から出火したそうですが、さいわいにしてすぐ鎮火しました。

後で思い出したのですが、その日の早朝、火事の夢を見ていました。
後から思い出しても何の役にもたちませんが、私は少し嬉しいのです。
いえ、他人の出火の不幸がでなく、正夢を後から思い出したと言う事がです。

と言うのも、20歳前後に予知夢がことごとく的中して、自分が怖くなったことがあります。
初めての旅館で、いろいろなものが夜中に訪問してくれる体験は数え切れないくらいありました。
狭い家に住んでいたとき、大きなアトリエがある家を、何度も夢に見ましたが、思わないことで実現して居ます。
市川

私がこうした能力を封じようとした直接のきっかけは、婦人運動家で参議院議員だった「市川房枝」さんが、手に山盛りの葡萄をむしゃむしゃと食べている夢を見て、夢の中で、お年寄りがそんな食べ方をすると体に良くないと思い、覚めてから、市川さんはすぐ亡くなると家内に予知したことがありました。
市川房枝さんが亡くなったのはそれからまもなくの1981年、 元号では昭和56年です。
私が33歳、仏画家として独立した歳でした。

私は宗教と霊能力はブラスだと思わないようにしているので、仏画家になった時、勤めて自分を鈍感にして、そういう感覚を封じたつもりでした。

「私の絵を買うと良運があります。」なんて商売をしたくなかったからです。

というような訳で、後から夢を思い出すようになったことを、予知能力の封じ込めに成功したと喜んだのでした。



祥月命日

西王母
今日は兄の祥月命日です。

2月にすい臓癌が見つかって、それまで元気そのものだった兄が、10月3日に亡くなるまで、塗炭の苦しみの末に亡くなりました。
私みたいに糖尿病だ肝機能障害だと、病気を持っているものが後になると言うのはまさに寿命と言うしかありません。
私の姓名判断では「墓守相」だと言うことですが、こういうのが最後まで残るのでしょうね。

5人兄弟が上の3人亡くなったので、後は弟と私だけです。

東京の兄の家が独身だったので空き家になりました。
兄弟の子供が1人、行方不明になっているので、まだ相続にいたりません。
しかし、現在、東京家庭裁判所に所在不確認の申し立てをしているので、この1~2ヶ月中に決まりがつくと私の弁護士さんから連絡がありました。

そうなると、東京の家を売却することになりますから、私が管理しているうちに、兄の家から、この写真にある西王母=椿と、山アザミ、白山吹、猫柳、雪柳、金糸梅等を6月に移植しました。

なかでも、この西王母は、花が半開きで、つつましい咲き方が好きで、暑い頃に移植したにもかかわしっかりと根付いて、兄の命日の今日、きれいに2輪が開花しました。
つぼみがいっぱいついているので、これから次々と開くことでしょう。

アザミは通常初夏の花ですが、移植したためか開花時期が遅れて、もうすぐに咲きそうに蕾が膨らんでいる最中です。

新掲示板

新しく新掲示板を設置しました。
自分の新作と、製作過程を時々発表するつもりです。
2年間、いろいろなことがあって、製作にブランクがありましたので、これを期にせいぜい仕事に励みましょう。
1枚の作品が出来る過程に興味があるお方は覗いてやってください。

基本的に、自分の作品を発表する場ですから、ほかの方は写真、作品は取り上げません。
コメントのみの投稿でお願いします。

画像、を投稿くださる方は「大画像掲示板のほうにお願いします。

Top

HOME

竹内白雅

Author:竹内白雅

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。