大峰庵の日々

時々の思いをつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花3題

g
「ギンヤナム」です。
町内会の会計をして、総会資料を11ページ70部を一人で作成した褒美でしょうか、町内会長から立派な鉢植えを戴きました。
セッコクか、東洋ランの仲間でしょうか。居間に置いた鉢植えから、むせるような芳香が内中に漂ってなんともいえない幸福感を抱きます。
xx
昨年5月、新潟から移した「雪椿」たった一輪ですが花が咲きました。
懐かしい思いがしますが、その故郷も、長野の北部地震で大揺れしたそうです。
我が家には椿は、先住の方が植えた「乙女椿」の大木が2本、兄の遺品として東京から2年前に移植した「西王母」の2メートルあまりの大木、そして、この「雪椿」が3種類となりました。
非力な私が何の道具も持たずに山から力任せに引き抜いた木ですから丈が70センチくらいの小さな木です。
まだ、咲く力はないと思っていましたが1輪だけ咲いて、東北関東大地震の暗いニュースの昨今を慰めてくれました。
sz
「白木瓜」は故郷にあった大きな株ですが、56年豪雪で、雪囲いが間に合わずに根元から折れてしまったものを鉢植えに直して、細かい枝を密生させたものです。
根株が大きいので、鉢植えとして風情ある盆栽になりました。
赤い木瓜とピンクの木瓜は、庭の隅で現在満開になっています。










































































スポンサーサイト

東電め

昨日も明日も計画停電とかで1日に6時間も電気がつきません。
1回目と2回目のわずか3〜4時間でどうして仕事が出来るでしょう。
今日も2回停電を実施するそうですが、いっそのこと、1回の停電時間を延長して、隔日の停電にしてもらったほうが仕事の計画も、効率も遥かに高まります。

まして、ここは千葉県の北西部、関東東北地震は隣の市まで被害を及ぼした所です。
停電中に激しい余震が来たときの不安といったらありません。
私が前にいた所は中越地震の震源地でしたが、東北電力では、翌日は通電しました。

原子力発電所、人間の力で制御できないものを、官民一体で、反対派を蹴散らして進めてきた結果の責任はどう取るのでしょうね。
私の近所の家は東京電力の政策に踊らされて、電化住宅にしましたが、電力会社に協力した家ほど困らされている今回の事態に、どのように説明するのでしょう。

古い百目ローソク、旧式の石油ストーブ、ランプ、ランタン、引越しのときに捨てずに持ってきた私はいまさら家の者に感心されています。

?????

「私の愛唱歌2000曲選」の頁に、アクセス解析によると東北各県から、平均して1日に10人ほどのお方がお出でくださっていました。
ところがこの前の地震以来、一人としておいで頂けなくなりました。

別に、足跡を残していってくださいませんでしたが、何がしかのご縁を戴いた方にはなんともいえない懐かしさと、どうされたのかと言う心配が募ります。
一期一会と言う人の世で、もしも震災の被害にあわれたお方が居られたなら、謹んで哀悼の意を申し述べます。

「?????」と言う表題でコメントを書かなければならないというのは、なんとも胸の痛むことですね。

やれやれ

d
この前から手がけていた町内会の総会資料、およそ10数ページ70冊、漸くパソコンで打ち終わり、仮に、頁合わせをしました。
ほんとは、12日に我が家に集まって頁合わせをすることになっていましたが、こういうものは8人もの人間がワイワイガヤガヤした所で、頁合わせなど、かえって訳の分からないことになります。

パソコンで打って、印刷したものが1人でやってしまったほうが手っ取り早いように思って、結局自分でしてしまいました。

集まっていただいた町内3役、班長の方々には、誤りが無いかどうかの確認の上、ホッチキスで止める作業をしてもらうつもりでいます。

しかし、それにしても「やれやれ」って感じで疲れました。
今年は自治会の会計、来年度は町内会の班長をさせられますが、こうした仕事は来年は断るつもりです。

まったく大変

r
町内会の会計をさせられて、PCが打てることから総会資料を作成するように言われました。
およそ20ページ、1千枚を越します。
経費削減の折から、A4の用紙代とインク代は戴きましたが、資料の作成とコピーの代金は私の負担です。
まあ、私が暇人と見られたのでしょうが、都合4日ばかりかかりました。

今日は、丸1日印刷に費やしました。
明日、もう時間的に今日になりましが、会計検査があり、明日は町内の会館の運営委員会があるので、このほかにあと300枚ばかり印刷するものが加わります。

折から、税金の確定申告の時期で、雑用がこんなにあっては今年はまったく申告書に取り掛かれません。
町内にとっては、引っ越してきて3年目の新入りですから、物を言いつけるにはよほど都合のよい存在なんでしょう。
数字に弱い家内など、今年の会計作業は頭の痛い仕事だったようです。

来年は班長だそうで、この「ただ仕事も」後1年の辛抱です。

それにしても、13日には、我が家に会長、副会長、私の会計と、5人の班長が集まって、この資料の頁をあわせてホッチキスで泊める作業があります。
大変です。

Top

HOME

竹内白雅

Author:竹内白雅

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。