大峰庵の日々

時々の思いをつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポッベン

cf
お盆飾りを箱に収め、脇を見ると、昔、ネット友達の佐賀のお姉さんから頂いた「ポッベン」がありました。
私は「ポッベン」と呼んでいますが、歌麿の絵では「ビードロを吹く女」と出ています。

先端から息を吸い込むと「ポッペン ポッベン」と音がします。
しばし、童心に還ったひと時でした。
スポンサーサイト

俵山栄子さん

20年近くも前に録画した「笑点」を見ていたら、物まね歌手の俵山栄子さんが出ていました。

彼女の生まれた家は何を隠そう私の生家から5軒離れたところです。
年齢が20歳ほども違う上に私が二十歳の頃移転し、それからまもなく彼女の家も同じ町の中ですが移転したので直接知っているわけではありません。
むしろ、歯科技工士の彼女の父親のほうが良く分かります。

珍しい苗字ですので、彼女がテレビ画面に出たとき、弟に聞きました。
弟は小さい頃、一緒に遊んだことがあるといっていました。

今年はお盆に帰省できなかったので、ビデオを見たことをきっかけに彼女のHPを訪問してみました。
私が二十歳まで住んでいた土地の写真がいっぱい載っていて、懐かしい思いをしました。

最盛期40数軒、現在過疎が進み20軒ほどのその集落では、全戸が俵山姓で、よそ者だった私の家と、我家の分家だけがたった2軒竹内姓でした。

故郷から取り寄せ

夏になって食欲がなくなると、奇妙に故郷の食べ物が欲しくなります。
くじらの皮と夕顔を短冊切りにした味噌汁が好きでした。

今回の故郷からの取り寄せ、16000円強でした。
sf

Top

HOME

竹内白雅

Author:竹内白雅

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。