大峰庵の日々

時々の思いをつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水の落ち口

t
庭の小池に水を入れていた口が、池の上の小溝と同じ高さで風情に欠けていました。
本当はその前にある2枚の石に、縦型の石を配して三尊石の風景にし、その上から滝状に水を落としたかったのです。が、わたしの庭は搬入口が狭いので大きな石を運び込むことができません。

そこで思いついたのが、以前十日町にいた頃、同級生からもらった大きな水瓶です。
あふれた水が少しずつ前面に流れるように角度を調整し、設置してみました。
水の出口は塩ビのパイプに2箇所曲がりをつなぎ、30センチほど上から水が滴るように工夫しました。
この写真は塩ビのパイプがむき出しで面白くありませんが、後で太目の孟宗竹で包むつもりです。

池に設置した循環器から流れる水音と、チャポチャポと滴り落ちる井戸の水音がマッチして、絶好の癒しの音がします。
最初に、この日本庭園を造った先住の家主様は、草花が増えたこと、小池を作ったこと、あまりの様変わりにびっくりすることでしょう。
スポンサーサイト

« 茶釜の手入れ|Top|ランタン »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taihouhakuga.blog70.fc2.com/tb.php/292-5505809e

Top

HOME

竹内白雅

Author:竹内白雅

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。