大峰庵の日々

時々の思いをつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山独活

十日町の弟から「山独活」を送ってきました。
今年は残雪がまだ残っている上に、3月12日から続く北長野中越地震の余震続きで山崩れが多く、とても危険だったそうです。
o
私が住んでいた十日町の中心からさらに8キロ奥に入った白センセの生誕地、そこからまた4キロ奥の山菜のメッカです。
がけの途中が、五年前の白センセがいるのがわかりますか。
ui
スポンサーサイト

« 花いろいろと・・・|Top|珍客到来 »

コメント

山菜はこの時期だけですね、ウドを庭に植えている人も居られるそうですよ。今年はタケノコも少ないらしく家には届きません、、残念なことです。家にあるツワブキが大きくなっているのでフキのように煮てみようかと思います。キャラブキの煮物のことです。アケビの新芽の苦味は忘れられない貴重な珍味でした。ユキノシタの天ぷらも味のないものですがまぁこれも春の味ですから、。、。
家の中ではジャーマンアイリスの香りがしています。昨年秋にいろいろいただいたのがたくさん咲きました。いつもこんな香してたっけ?って感じです。今年もまたじゅずを植えないといけませんね、、昨年のものはそのまま置きっぱなしになっています。。何もかも途中止めになってます、、、、

ナスタチュームって花をご存知ですか?ハーブです。葉っぱがハスの葉っぱに似た小っちゃいばんで花も葉っぱも食べれますよ。ピリッとしててオイシィんです。ハーブも天ぷらにすると気になる香りも平気で食べられますよ、ミント類は無理ですけどね。。

そうそう、、無患子が大きくなりました。私の背丈ほど、、小さい私ですから想像にお任せします(笑) 大きくなっても大丈夫な場所に植え替えましたからぐんぐん大きくなりそうです。 

ダラダラ長々書いてすみません。。

こんばんは

まだ山に雪が残っていて、今頃ふきのとうが盛りだそうです。
アケビのつる「木の芽」はまだ出ないとかで、山独活しか送ってきませんでした。
ユキノシタがむやみに庭にはびこっていたので、昨年初めてテンプラにしましたが特に感想はありません。
ほかに材料があるときはしなくてもよいでしょう。

私が好きなのは山椒の若葉のテンプラです。
これは風味があってお勧めですね。

先住の人が植えていたツワブキがはびこっていたので、これも初めて昨年食べてみましたが普通の蕗に比べると大味でこれはという感じです。
いただいた斑入りツワブキはまだ少ないのでとても食べられません。

ジャーマンアイリスの公園が故郷にあって、1度行った時に、においが強すぎて気分が悪くなったことがあります。
故郷から移植したものが3年目にして咲きましたが、白色と思っていたものが、普通の紫色でがっかりしています。

庭が狭いので、植える場所がなくなって、鉢やプランターに植えています。
それでも、ムクロジ派は2メートルくらいになりました。
いつごろに実がなるのでしょうね。
楽しみなことです。

昨年は数珠が不作で、種が10個ほどしか取れませんでした。
発芽しないことも覚悟で、古い種も蒔いてみようかと思っています。

1週間くらい前に、「フルーツほおづき」を2種類4株植えました。
子供のころに食べた上品な甘味が忘れられなくて50年近く探していたものを昨年の夏、近所の量販店で見つけて買いました。

見つけたときが遅かったので、十分に種を採れませんでしたので、今年は苗のうちに買ったしだいです。

と、食いしん坊の話がつきませんね。

ですね

こんにちは。ジャーマンは香りの嫌いな人が多いようですね。今日従姉が嫌な臭いだと言いました、、私って変なにおいが好きなのかもしれません。。。パセリも大量に食べるし、、そのうち青虫に、、蝶に、、蛾に、、、(笑

迷惑かも・・・

今日、再度弟が山独活と「木の芽」を送ってきました。
どうやら、定年退職をしたので暇をもてあまして山菜取りにばかりいっているようです。

私はおなかがデリケートな性質で、昔から「木の芽」は食べません。
山独活も、てんぷら、酢味噌、胡麻和えと食べてみたので、残りは味噌漬けにして、これ以上はいらないという段階です。
勝手ながら家内が、明日の夕着でOさんの方に飛ばしてしまいました。
迷惑かもしれませんが・・・・・・

ありがとうございます

届きました。なんだか催促をしたようで申し訳ないです。大変危険なところで採取された物を本当にありがとうございます。山の手入れがされていないとなかなか山菜もできないのでしょうに、、、私ってホントにバカですね、、、今度謹んで書き込みをしなければいけませんね、、、すみません。

こんばんは

たまたま近所へのおすそ分け用に、故郷の農協に同じものを注文したのと、弟が送ってきたのがかち合いました。
私は頭と同じでおなかが少し弱いので、もともと自分では余り山菜を食べないのです。

送るところがあってよかったと家内と話し合ったものでした。
遠慮されるほどのものではありません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taihouhakuga.blog70.fc2.com/tb.php/295-0a52c934

Top

HOME

竹内白雅

Author:竹内白雅

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。