大峰庵の日々

時々の思いをつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭木の剪定

上の写真は我が家の正面入り口ですが、玄関の階段添えに「カナメモチ」「唐楓」「ツツジ」が植えてあります。
およそ木の高さ3メートルくらいですが、昨年は体調が悪く、なかなか刈りそろえることが出来ませんでした。
下がアスファルトですから、足場は良いものの、3メートルともなると梯子も怖いですね。脚立はアスファルトとゝ側溝のコンクリートに段差があるため水平に立たないのです。恐々ながら、ようやくここまで刈りました。
gb
下の写真は広縁から見た庭木です。
「猿猴杉」「高野槙」「もみじ」「白樫」「金木犀」それぞれ6メートルほどあります。
梯子を最大限伸ばして、一番先端に上ると、普段が椅子に座っている絵描きですから、視線が高さになれません。
おまけに、剪定バサミは両手で使いますから精一杯足を梯子の段に踏ん張っての作業です。
怖さはもとよりですが足が痛くなってきます。

4メートルの高野槙と玉柘植は、昨年の秋に刈り込んで、そんなに形が崩れていないので、今回は見合わせました。
玉柘植の脇に「朴の木」「白木蓮」「紅木蓮」を2年前に植えたのがそろそろ3メートルを越えました。
まだ若木ですから、刈り込むまでにはいたりません。
これとて、伸びてきたら専門の植木屋さんにお願いすることになりかねません。
スポンサーサイト

« 飯綱権現|Top|地デジ対策 »

コメント

暑い毎日です

お久しぶりです。暑さにマイッテいます。
昨日のテレビでアケビのつるのことをしていました。新潟のアケビのつるは雪が深いからやわらかいそうです。ホントにくせになる苦味がおいしさですものね。その珍味を知っただけでもありがいことです。再々、ありがとうございました。
このところ、ひじが痛くて軽いものも、もち上げることができません。本当にどうしたんでしょうね、、ババへの道をまっしぐらでしょうか(泣
水分とりすぎにおなかを壊さないようにお気をつけてください。

今晩は

以前から手のことを言っていましたがお気をつけください。
梅雨時には神経痛症状になります。

私も10年ばかり前に同様のことがあり、肘サポーターやら、シップやらと苦労したことがありました。
いったいにおここさんは働きすぎが原因だと想います。

あけびの新芽は、苦味が私に会わないで、弟が送ってきたものをそのまま差し上げました。
廃物処理のようで申し訳ないことです。

ようやくおなかの不快な張りがなくなりました。
仕事の以来か次々と入ってくるので、仕事に身が入りつつあります。
しかし、引越しやら病気やらで、都合3年近くのブランクがあるために本調子の仕事をするスピードに欠けています。

新しい出版の話し、大量生産の飾り手ぬぐいの話し等々、いろいろ持ち上がっています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taihouhakuga.blog70.fc2.com/tb.php/302-a738d7c8

Top

HOME

竹内白雅

Author:竹内白雅

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。