大峰庵の日々

時々の思いをつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

看板

cv
骨董市で、幅が1メートルほどの表面を焼き板加工をした面白い形の板を見つけました。

引っ越してきて、事あるごとに何の仕事かと聞かれることが多いので、看板を作ることにしました。
実は、看板用にと思って、ケヤキの板は用意していたのですが、重すぎるので危険を感じ、高いところに掲げる看板を作るのに躊躇していたのでした。

見つけた板は、おそらく杉材と思います。
厚さ3センチほどですから壁に取り付けても落ちてきたときの衝撃は少ないでしょう。

焼き杉加工で木目が表面に出ているので、凸凹しています。
その凸凹を木質加工用のパテで埋めて、かつ、文字に立体感を出すために5ミリばかり盛り上げました。

カシュウで彩色して、全体に油性ラッカーを全体の保護のために塗りました。
仕事は怠けるくせに、こういう事には精が出ます。
3日ばかりかけてようやく完成し、外壁に取り付けたらなかなか捨てたものじゃありません。

ちなみに、「大峰庵」とは私の在家得度名(戒名)で、私がおめでたくなった暁には「大峰庵白雅居士」と言われる事になるでしょう。
スポンサーサイト

« タブレットのバック|Top|アスチルベ »

コメント

こんばんは

本当に面白い形の板です。
木目もいい感じに出ていて綺麗です。
とっても素敵な看板です。ヽ(^◇^*)/

今晩は

骨董市の道具やさんは売るつもりがなかったらしく、トラックの荷台の隅に挟み込んでありました。
焼き杉ですから色が黒に近く、何色で文字を書こうかと大して良くもない頭を悩ましました。

壁にかけてみると小さい看板にもかかわらず、意外と遠目が効いて分かりやすい看板になりました。
近頃手がけて成功したものの一つといえましょう。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://taihouhakuga.blog70.fc2.com/tb.php/340-5bef066b

Top

HOME

竹内白雅

Author:竹内白雅

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。